2012/06/25

初投稿

さて、新しいブログでの最初の投稿です。ブログの見た目はいかがでしょうか?背景はドイツのザマーベルグで泊まった宿内の牛舎です。ウィスラーに来て2週間、天気の良い日を見つけてはライドに、撮影に、出かけています。




まずはセルフポートレイト第一弾。家の裏から始まるトレイルで撮影してきました。まともに走ったら15分程度のトレイルですが、探せば良いスポットがいくつもありました。たったこの日だけでもカナダに来て良かったと思える程。こんな場所が無数にあると考えただけで嬉しくてたまりません。生憎、一生かけてもBC州内全てのトレイルを回るのは不可能ですが。





次の2枚は今日行われたWCモンサンタン大会で見事女子6位を獲得したケーシー。WC前のウィスラー滞在中に協力してもらいました。ウィップの入ったスタイリッシュなジャンプを飛ぶライダーです。今後の活躍が楽しみです。



お次ぎは今年できたばかりのトレイルでのセルフポートレイト。ジャンプとバームの続くフローが楽しめるご機嫌なトレイルです。フラッシュを使っていますが、控えめの光量にして下品さを減らしています。動きを止められるのでフラッシュは強い味方になりますね。


上の写真は午前中に撮ったもの。こちらはクロマグオフィス裏のトレイルにて同日午後に撮ったものです。わざと強めにフラッシュを焚いて岩を強調してみました。この場所で前々からこういう風に撮りたいと思っていた画を遂に撮ることが出来て、達成感が感じられました。



次はバイクショップサミットのクルーとトレイルライドに行って来ました。チェアリフトでバイクパークに上り、半分程下ってきたらパーク外のトレイルを30分程トラバースして下の写真の場所へ。パークにも無いテクニカルでナチュラルなトレイルを存分に楽しんできました。皆のバイクですが、5〜6インチのフルサスにロックショックスのリバーブというのが標準装備。29erは1人、新規格の35mmバーも見受けられました。フルカーボンのXCバイクであろうと29erであろうと、DHバイクと同じトレイルを走っています。





最後はスコーミッシュでのフライデーライドより。この日集まった8人中全員がシートドロッパーを使用。もうここでは無くてはならない装備です。ほぼ全員が29er、26インチでも体力のあるライダーばかりなので、自分のような体力の無いライダーにはついていくのがかなりキツい!もう26HTはDJ以外で絶滅しつつあるとさえ感じています。体力のあるライダーはホイールサイズに関係なく走れますが、体力の無いライダーには29erは大きな武器になるのでしょうね。下りでの操作性さえ犠牲にすればXCではかなり使えそうです。僕は見た目が好きになれないので、29erには乗りませんが、650bには多いに興味ありです。


今日はWCを見た後、ウィスラー滞在中のオーストリア人の友達と走ってきました。天気もイマイチだったので、軽めの5本。さて、来週(恐らく明日)にようやくある物が届く予定です。今日がHTでパークを走る最後の日になったかな〜?これがヒントです。

0 件のコメント:

コメントを投稿