2012/07/15

猛暑の中でも

避暑地のはずが、日向に出るだけで汗が噴き出す、そんな暑いウィスラーです。昼夜の気温差が激しい例年と比べ、今年は夜でもTシャツで外に出られる程暖かいです。
いつもならジャケットを持ってこないと汗で身体が冷めてしまうトゥーニーレースですが、そんな天気のおかげで大盛況。この日はウィスラー最北のトレイルを1時間程走るコースでした。今季初となるXCレース、気楽に走ろうと思いスタートしたのですが、前半の一番キツい上りで周りが押して歩いているところを乗ったまま上りきれた所から気持ちがオンに。体力のあるライダーは多いですが、細かいテクニックを知らないライダーも多いようです。普段からトレーニングを積んでいない自分にとって追い込むなんていう言葉はふさわしくないのですが、それでもとにかく前にライダーが見えたら追いつき追い越す、というのを繰り返してみました。それなりに頑張れた気がします。こういう時のハードテールフレームの一体感は特別ですね。まさに身体の一部です。


どこへいっても目立つ色 

そんなこんなで身体に大分疲れの溜まった金曜日ももれなくライド。ここまで晴天が続くと、乗らない理由が見つかりません。この日のライドはアルパインからスタートして、自分の住むエメラルドを通り、ガーガミルというトレイルへ上るもの。カフェで朝食を採り、スタート。高低差は少ないものの、とにかくテクニカルでなかなか前へ進むのが難しいトレイルを暑い天気の中走るのは、かなり身体に堪えます。たった1時間にも満たないうちに水1.5Lを消費。ここからジープロードを2時間かけて上るというので、僕は家の真裏で皆と別れ、家でしばし休憩。その後はパークへ行き、1日で2種類のライドを楽しんできました。



元市長が精魂込めて作ったセクション。芸術の域です

どこもかしこも乾燥し、乗ってはビーチで涼むというのがセットになっています。近々ムービーを撮ってもらえそうなので、またその時は報告します。

0 件のコメント:

コメントを投稿