2012/09/17

続セルフポートレート

今回カナダに渡る前にこんな記事を書きました。

アウトドアの写真って、何をどこで撮りたいか以上に季節の光の加減だったり自然の色だったりが関わってくるので、また今度で良いやという言い訳が効かないプレッシャーに似たものがあるというのが分かってきました。もちろん、そのラインを走れる事が前提です。

今日もそんな撮影に明け暮れた一日でした。パークで11時から4時までうろうろし、撮影したのは結局2カ所。特に天気の良い日曜ともなればかなりの混雑で、撮影時も大半が「待ち」でした。光の具合、バッテリーの残量、自身のパフォーマンスが常に懸念としてつきまとう中の大渋滞。撮影場所を選んだ自分が悪いのですが...。

フォーカスもマニュアルなので、このようなピンぼけも当然あるわけで 

行きたい方向に走ってくれません、いや、人間が付いていくべき? 

こんな、セルフポートレートの様子を撮ってみました。

 
タイミング合わせも至難の業、これはちょっと早すぎた例

今日最後に撮った写真は、自分でもかなり満足のいくもので、公開せずに雑誌に送ってみようと思います。今までは撮ったらすぐにアップするというスタイルでしたが、写真の出来具合に寄っては今後の為に取っておきます。ボツなら即公開!

シャッターのテストをしたら、たまたまこんな一コマが。もちろん僕は離れた場所からリモコンでシャッターを切ったのですが、どうやらジャンプしすぎてクランクがもげてしまった様子のハードテールの彼。フレームがちぎれる、ホイールがひん曲がるは見てきましたが、ちぎれたクランクは初めて見ました。ちなみにBMXの3ピースのタイプでした。


帰国まで2週間、より意欲的に撮影に臨んでいきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿