2012/12/17

自転車日和x2

晴男、晴女という言葉はナンセンスな訳で、たまたま僕らはラッキーだったというだけの事です。


この時期の、それも標高が2000m近い山へ走りに行こうとなると、天候に大きく左右されます。悪ければ勇気ある撤退を、良ければしっかりと準備してGo!山の名前だけを聞かされていましたが、まさか前日の山頂の気温が−8℃だなんて聞かされてもいませんでした。まあ、当然とっても寒いんだろうな程度の予想しか立てられない訳で、それなりに着込んで走ってきました。山道へ入るまでの舗装でMTBで出した事の無いスピードで集団は進み、体力ゲージは黄色信号。そこから数時間は上りっ放しです。ただ急で、乗っても面白くない所は押し、面白そうな所はチャレンジしてみるといった具合に、体力と相談しながら山頂付近へ。本隊はここからさらに頂上を目指して行きましたが、僕らは途中で下降開始。落ち葉フカフカで緩やかな気持ちよい下りをたっぷり堪能していきました。ちなみに山頂は前日と大して変わらない−6℃だったそうな。




一昨日はサイクルハウス三上奥武蔵ベース主催のTeam de Attack 奥武蔵というロードバイクのイベントがあったのでフォトグラファーとして参加してきました。奥武蔵をぐるりと150km、積算標高は3500mにもなり、それを3〜5人を1チームとして走ると言うもの。僕はと言うと、車に乗せてもらい、参加者を追っかけたり待ち伏せたりして1日中写真を撮っていました。峠を走るとはいえ、MTBと違い舗装路の上なので光もそれなりに当たるだろうし、何より車移動だから撮る場所には困らないだろうと思っていたら大間違い。中々、ここだと思える場所に巡り会えず苦戦しましたが、その中でもまだ良いものをアップしましたのでご覧あれ。
>>> アルバムはこちら <<<
あれだけ長く走ったというのに、皆さん笑顔ですね。とっても辛い思いをしても、最高のトレイルが待っている、というならやってみたいですが、ロードはそういう訳ではなさそうなので僕はもうしばらくMTBerでいようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿