2013/01/11

Black Shadow

09年のクロマグShow&Shineで僕が愛車に付けた名前です。

いつの間にかビッグバイクの後に現れ、音も立てずに追い抜いて行く。そんな思いを込めて名付けました。そしてその時に作ったビデオも、今年に入ってようやく再生回数30万回を突破。このバイク、そしてビデオ無しに今の僕はありません。次のシーズンには今乗っているまっ黄色のフレームに乗り始めるわけですが、第一線を退いてからは名前の通り、あまり日の目を見る事はありませんでした。DJやパンプトラック用に組み直すも、バイクパークやトレイルライドでお腹いっぱいになってしまい、とてもじゃないけどその余力さえ残らなかった過去2シーズン。今年こそ復活です。まずは明日の“飛び場”から。

32x16Tでテンショナーのいらないバッチリなチェーンステイは、マニュアルが苦手(というか出来ない)僕にとって、とても扱いやすい長さです。ハマーシュミットを付けてディングルスピード(2x1)にしても面白いですね。


シリアルナンバー#70、初期の銅製ヘッドバッジと大きなガセットプレートを付けたジプシー、Black Shadow。初めてクロマグのオフィスを訪れた時、僕を待っていたかのように倉庫の片隅に吊るされていたっけ。そして迷う事無く、コイツに決めました。パウダーコートペイントの定着力も知らず、ペイント落としを吹きかけ、クリアコートだけが剥がれて表面はガサガサ。そこら中に付いた傷は、思い出せない程たくさん走ったからこそのもの。
これからも大切に、そしてしっかりと乗って行くけど、でも昔のようにガンガン乗り倒すわけではないという意味を込めて、ディレーラーハンガーとケーブル台座は切り落とそうと思っています。

こつこつと、復活へ向けて。

0 件のコメント:

コメントを投稿