2014/04/09

NZトリップ  Day0-1

こちらに来てもう1週間、残す所あと2週間。ここらで振り返っておきます。

クイーンズタウンへは、成田からオークランドを経由して向かいます。フライト時間は成田−オークランド間が約10時間、オークランド−QT間が約2時間。グアムを横目(夜なので真っ暗でしたが)にひたすら南下。太平洋上はよく揺れるので、2度も墜落する夢を見てなんか嫌な感じ。無事にNZ最大の都市オークランドに着陸し、まずは第一関門の入国検査。NZは生態系保全に厳しく、泥の付いたMTBタイヤは税関で没収されると事前に知らされていたので丁寧に洗って持ち込んだら、あっさり通過。NZに行かれる方はバイクだけじゃなくてシューズもしっかりと洗っておきましょう。国際線ターミナルから国内線ターミナルへはカートを押しながら歩く事5分。てっきりカラカラ乾燥していると思いきや、海が近いせいか、なかなかじめじめしていて、出発時の東京よりも湿気がありましたね。

そうこうしているうちにQTに到着。こちらは暖かく乾燥していて気持ち良い。バイクもダメージが無さそうなので、空港で友達の友達、ニコを待つ。彼を紹介してくれたのはウィスラーで供に過ごした日本人の友達。住む所を手配してもらい、会う前から世話になりました。ちなみにここNZでは車は左側通行なので日本と一緒。ということで日本車がやたら多い。それも最新のものではなく、2000年以前のおんぼろでいい味出している車ばかり。中には車検のステッカーを貼ったままの車もあり、なるほど、廃車にされたはずが異国の地で乗り継がれている訳ですね。空港から車で15分程でQT中心街に到着。人口は1万5千人程で、ウィスラーよりかは人工が多いけど、湖のほとりに中心街が、そしてその周りに住居が集まっているので、QTの方が密集しているように感じました。ここもウィスラーのようにリゾート地なので、観光客で賑わっています。


街に着いたらまずすること、それはバイクの組み立てです。幸い、ニコがR&Rスポーツというバイクショップでメカニックとして働いている為、そこで場所を借りてバイクを組み立てました。じゃあ、次は何をするか?ライドしかありませんね。右も左も、今夜どこに止まるかもなーんにも解らないまま、ライドへ。QTにはゴンドラで上れるパークがあるのですが、そこを走ろうとの事。彼らはシーズンパスを持っているから良いとして、じゃあ僕は?ジープロード自走ですね、わかりました。20分くらいで着くかな、と言われるも、軽く凹むキツさ。終始インナーローでやっとの斜度。久々のハードテールでのパークライド。やっぱりブレーキバンプが腕に堪えます。初心者向けのコースでも縦横にコースが振られ、なかなかフローな感じ。前半は林間、後半は開けた伐採エリアとなっていました。着いていきなりライドだなんて、ラッキーと思いながら、今度は僕が泊めてもらう家から出て行く人のためのお別れBBQパーティーへ。住人全員ライダーのバイクハウス。そこでQTでオフシーズンを過ごしていたカナディアンの友達ケーシーと再会。明後日には南アフリカのWCに向かうそうです。

こんな感じで初日からボリュームいっぱいなのでした。1日ずつに分けて書いて行こうと思っています。写真もたくさん撮っていて、編集が追いつかないですが、頑張ります!Day2以降もお楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿