2014/12/21

ウインターグローブ

もうこの時期、サマーグローブでは指が思い通りに動いてくれないと思っていた時に...

POC製品を扱うフルマークス様より、Index Wind Breaker グローブを提供していただきましたので、撮影も兼ねてひとっ走りしてきました。ウインターグローブって中途半端に分厚くて、カチっとしたハンドルの握り心地を好む僕は今まで使った事がなかったのですが、このグローブを着けてビックリ。全然かさばりませんでした。ハンドルを握っても、手の平側にヒダができにくいんです。繊細なブレーキレバー操作に欠かせない指先のシリコングリップももちろん付いています。プロテクションは少ないですが、それよりも冬は握り心地と保温性の方が重要だと思うので、僕にはピッタリ。これでこの冬はハッピーライドとなりそうです!


Mサイズを着用

冬になると茂みが減って道が遠くまで見えるようになります。こういう時は、派手なアクションを撮るよりも、普段はあまり見えにくい、「道」そのものに着目すると面白い画が撮れる気がします。何なら自転車はその道と周りの景観との相関関係を引き立たせる道具、とも言えそうです。夏でも撮れない事は無いですが、道がより一層引き立つ冬は、道の切り開かれ方を気にすると面白いですよ。

この写真はお馴染みセルフィー(自分撮り)です。さぞスピードをつけて曲がっているかのようなフォームですが、撮るタイミングが掴みやすいようにセルフタイマーを3秒に設定したので、画面真ん中の木(一番右端)の裏辺りからスタートしました。リモコンを押してから写真が撮られた距離までは5mほど。全力で走る方が、フォームを細かく見ると迫力があったり綺麗なことが多いのですが、瞬間を切り取る写真は、内容によっては全力でなくても良く、むしろ演技力の方が重要な気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿